フォト
2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
無料ブログはココログ

トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月25日 (金)

丸の内で江戸東京野菜を堪能できちゃう豪華ランチ

丸の内で江戸東京野菜を堪能できちゃう豪華ランチ丸の内で江戸東京野菜を堪能できちゃう豪華ランチ丸の内で江戸東京野菜を堪能できちゃう豪華ランチ


ビルの屋上に農園もあれば、養蜂もしている。
東京の農業が最近気になります。
丸の内にあるミクニマルノウチは、東京の食材を使ったフレンチを味わえるお店。
江戸の伝統野菜と東京で作っている野菜や果物、そして江戸前の魚や肉、塩や水まで、東京のもの。
都会の真ん中で地産地消ですね。
ランチをご一緒してくださったのは、農水省・フードマイレージの先生、中田哲也さんと、江戸野菜の仕掛け人、大竹道茂さん。
専門家で、かつダンディーなおふたりに食材や生産者の話を聞きながらおいしくいただくという、この上ない贅沢なランチでした。
素材の味を引き出したシェフの技のおかげで、東京の食材の力強さを実感。
日本じゅうからおいしい食材が集まる上に、地元でも作っている東京。
欲張りすぎですわ、まったくbleah

また来ようっと。

2011年2月23日 (水)

東京で岩手の食材、しかもタイ料理

今日は久しぶりの東京です。
ビッグサイトのHJCのあとは、赤坂でイベント。

岩手県の食材で、タイ料理を作って食べて飲んでbeerという、

食いしん坊にはたまらない内容なのです。
わざわざ行く価値アリでしょ?
R0012066R0012065  R0012067

↑岩手の食材いろいろ。このほかにもお肉やお野菜がいっぱい

R0012074 R0012071

↑タイのワイン(初めて飲んだ!)とウエルカムドリンク、南部美人の仕込み水

東京で岩手の食材、しかもタイ料理 R0012079_2  R0012081_2

写真左は雪下白菜の生春巻。白菜の甘味がスイートチリソースと合うから不思議lovely

真中は短角牛のたたき。サラダ仕立てでドレッシングがエスニック。

右はデザート。ココナツミルクにひたっているのは、なんと南部せんべい。トッピングはあんこでしたdelicious

お酒とのマッチングも面白いし、新発見の連続でした。

石川県の食材でもやりたいね~!と主催者と盛り上がってお開き。

いろんな人にも会えて、楽しくって、おいしいパーティでした。

2011年2月20日 (日)

椿、つばき、ツバキ

R0012047 R0012049 R0012050

陶芸を教えてくださっている、高森絢子さんから

椿をたくさんいただきました。

家中、いろんなところに飾ってみたら、なんとなくお部屋が凛としたような気がします。

高森先生の教室で作った花器も、なんだかサマになってるでしょ?

まだつぼみなので、これからゆっくり咲いて楽しませてくれると思うのです。

早く咲かないかなぁhappy01

それから。

挿し木にして育てる方法、ご存知の方いらっしゃったら教えてください!

2011年2月17日 (木)

ペッパ~警部っ♪なりんご

突然ですがワタクシ、朝ごはんにりんごを食べることが多いです。

「シナノスイート」という品種が気に入っていたのですが、

最近はあまり売られていないので「フジ」ばかり。

…と思っていたら、ありました!店頭で見た目のちょっと違う新顔が。

その名は「ピンクレディ」。

20110217 20110217_2

そう、子どもの頃いっしょうけんめいに真似して踊ったあのアイドルと同じ名前です。

自然に身体が動きますね、私たちの年代は。

数曲をメドレーで口ずさみながら、買って帰りました。

長野産で、ちょっと小ぶり、つやっとしたお肌のりんご。

酸味が強くて、甘味もあります。

最近のくだものって、どうも「甘味重視」でやだな、なんて思っていたので

こういうふうに、酸味もちゃんとあるものに出会うと、うれしくなっちゃいます。

みかんも、ちょっとすっぱいものが名指しで売れているらしいし。

糖度ばっかり追いかける時代は、もうすぐ終わりますね、きっと。

2011年2月14日 (月)

甲子園で地元友人たちと飲み食べ喋りまくりの夜

甲子園で〓地元友人たちと飲み食べ喋りまくりの夜甲子園で〓地元友人たちと飲み食べ喋りまくりの夜甲子園で〓地元友人たちと飲み食べ喋りまくりの夜


まだ私がコムスメだった頃bleah、20年ぐらい前から通っている「飛鳥甲子園」。

ここでコムスメは、同じくコムスメやコムスコ(?)の友人たちと

毎週末のように飲んだくれてましたbeer

その飛鳥で、いい大人になった地元の友人たち9人が久しぶりに集まったのです。

時は誰にも平等に流れ、子供が高校生だったり、

戸籍にバツがついてたり、顔が重力の影響を受けていたりcoldsweats02

そして、当時アルバイトで入っていたイケメンshine

美人妻と店を切り盛りする、職人堅気のご主人になり。

この日も彼は久しぶりに集まる私たちのために、

気合いの入った料理11品を用意してくれました。

ちなみに写真の料理は、左から

  • 春野菜のサラダ
  • 六甲シャンピニオンの串焼き
  • コラーゲンだけ残した塩煮豚

あ、この店「炭火焼鳥」なんてショルダーフレーズついてますが

焼鳥だけでは帰れません!いつも面白い一品料理がラインナップ。

和洋中、エスニックに+αのアレンジが効いてるの。

しかも日本酒や焼酎、ワインやバーボン、スピリット…と、

そこらのバーよりドリンクが充実!飲んじゃうわよね、食べちゃうわよね。

ビール、日本酒、焼酎にワイン…バラバラなみんなの飲み物は、

料理の懐の深さの証。
当然のようにお酒が進み、会話も盛り上がり、

いい大人たち、ウヒョウヒョになって夜更けの甲子園を家路につきました。

ごちそうさまでした。pig
今度は何が出るかなぁ?

2011年2月11日 (金)

加賀伝統猟法 大聖寺天然鴨づくしの試食会

R0012041 R0011974

加賀の鴨。冬になると食べたくなるもののひとつです。

江戸時代から続く伝統の鴨猟「坂網猟」の鴨を使った

プレミアム料理の試食会が開かれました。

ばん亭、山ぎしという加賀の鴨料理店のご主人と、ホテルアローレの総料理長のコラボで

和洋取り混ぜたディナーコース。

アドバイザーとして、お手伝いさせていただいているご縁で

この素敵な試食会に参加することができました。

それぞれの料理人のガチンコぶりが、気合の入ったソースやだしに表れているわ

器は美しい九谷焼だわ、鴨は文句なしにおいしいわ、で

その名のとおり「プレミアム~shine」な試食会でしたgood

鴨のほかにも、地元の食材をふんだんに使った本当に豊かな「地産地消」なコースで

締めは、鴨のために冬の田んぼに水を溜めておく

「ふゆみず田んぼ」のお米と伊切りの塩の塩むすび。

R0012010

加賀の食材って、力強いのねぇ。

素材をいかす、のではなく、素材が料理を引っ張る感じ。

ちょっと食べてみたいでしょdelicious

2011年2月 8日 (火)

能登大納言の上品スイーツ登場

110208_1518411

赤くて大きくて美しいshine

奥能登の珠洲で大切に育てられているあずき、能登大納言は

金沢の和菓子屋さんからも一目置かれています。

その能登大納言を甘さ控えめに炊き上げて寄せただけ、という

なんともシンプルなスイーツが登場しました。

奥能登農林事務所の方が持ってきてくださった、

そのスイーツの名は「寄せ大納言」。

糖度は、一般的な炊いたあずきの約半分。

ということは、おいしいあずきじゃないとできない。

素材勝負のスイーツなわけです。

上品な甘さとあずきの風味。う~ん、大人な甘味lovely

能登空港の売店など、まだ一部のお店でしか買えないそうですが

そのうち、ブレイクしそうな予感。

110208_1517461

販売元は、全国和菓子協会。3個で650円ナリ。

氷見の居酒屋「準ちゃん」で、シアワセ魚三昧

20110207_2 

寒ブリで知られている氷見は、金沢から車で1時間弱。

おいしい魚をワイルドに食べたくなったら、ときどき行きます。

毎回のように訪れるのが、準ちゃん

自ら漁に出るご主人が、とびっきりの魚を出してくださいます。

いつも地元の人たちで賑わっているお店。

最初に連れて行ってくださったのは、氷見市役所のY田さんでした。

昨日も、お忙しいのに(しかも、お誕生日だったのに)お付き合いくださって、感謝happy02

寒ブリの刺身は、今まで食べたブリの中でいっちばん!!!のおいしさでした。

背トロ、腹…それぞれ甘味が違って、しかも舌の上でトロリとなっちゃうんですよ~lovely

おみやげに、すり身揚げと赤づくりを持って帰りました。

20110207_3

あ~シアワセwink

また行こうっと♪

lovely

2011年2月 5日 (土)

オッサン度の高い居酒屋で熟女グータン

Photo_2

金沢駅前にある居酒屋「海ん中」。

網元の息子さんが営んでいるというだけあって、魚のおいしいお店として知られています。

神戸からライターのWさんが来られて「おいしい魚を居酒屋で食べたい」と。

そこで、従姉妹のN子と3人でごはんを食べに行きました。

入ってびっくり!どの席もスーツ姿のビジネスマンばかり。黒いぞ、客席。

金沢には珍しく、リーマン度99%wobblyといったところです。

日経レストランのデータによると、サラリーマンのお小遣いは月平均4000円も減ったとか。

そんな厳しいサラリーマンたちがこんなにたくさん集まるということは…。

「うまい、安い」ということですね。

グルメなマダムより、リーマンのアンテナscissors

そんな店内で熟女3人、何の違和感もなく飲んで食べて

グータンにしては恋バナの割合30%という、女子度の低い話題で盛り上がり

ごきげんさんで家路につきました。

う~ん、心はオッサンてことかしら?

2011年2月 4日 (金)

取材NG!美川の大衆割烹

Photo

JR美川駅から徒歩7分。住宅街にぽつん、とある大衆割烹。

地元の人たちから、必ず「おいしい」と名前が挙がるのですが

取材はさせてくれないお店。

別に高飛車なわけではなく、常連さんが入れなくなっちゃうから…という理由。

この誠実な商いぶりに、ますます憧れがつのりますな、こりゃ。

憧れること数年、ついに念願かなう!

本日、地元美川のダンディーさんふたりに連れていっていただきました。

写真はふぐの昆布締め(o^-^o)

ちっとも気負いがないのに、おいしいの。毎日通える味。だけどプロの味。

お店の姿勢に敬意を表して、店名は「G」とだけお伝えしますね。

探して行ってみてください。

2011年2月 2日 (水)

大雪でした、ね。

110131_1718301_3 やっと雪が止みました。

庭の燈篭の帽子も、間もなく溶けるでしょう。

夫がサンダーバードに2泊した今度の大雪。

運の悪い人やなぁと思っていたけれど

今日打ち合せした方も、しらさぎに閉じ込められていたらしい。

けっこういるもんですね。アンラッキーボーイたち。

ん?まてよ。

この話題で,今日の打ち合せもつかみはOK。

もしかして「ええネタ」なんではないかしら?

ある意味、貴重な体験したぶん、ラッキーなのかも。

あ、でもやっぱり。大変だったよね。お疲れ様でした。

トップページ | 2011年3月 »

最近のトラックバック