フォト
2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
無料ブログはココログ

« ヒロチェントロ大島シェフの心ときめくイタリアン | トップページ | すり身七変化!天満の蒲鉾店 »

2011年3月 9日 (水)

富山に「地」寿司あり。その名は「志むらの寿司」

いつもお世話になっている編集者のNさんが、「おみやげです」と持ってきてくださったもの。
その名も「志むら乃寿司」プレゼント

016
魚津のソウルフードなんですって。
寿司飯の間に、ほぐした焼鯖、上に海苔。
ずっしりと、押し寿司です。
大阪の箱寿司、京都の鯖寿司…関西出身だからでしょうか?
押し寿司と聞けば、心踊り、唾液あふれ、添える汁物を考えてしまうのです。

なぜ海苔?なぜ鯖?しかも焼き。
そんな疑問を抱く間もなく、ひと口パクリ。
なるほどね。海苔でなきゃ、鯖でなきゃ、焼きでなきゃ、なのね。
(浅いコメントでごめんなさいあせあせ(飛び散る汗)

オーブントースターでこんがり焼いて食べるとまた美味ですよ、と
Nさんはにっこり笑って教えてくれました。
もしや、「押し寿司」以上に「こんがり」に弱いことがばれているのかしら?

地元ではスーパーでも売られていて、
「志むら乃寿司」は固有名詞ではなく、
「ますの寿司」とおんなじような一般的な呼び名なんですと。

こりゃ、きっとまだあるな。隠れた富山の「地」寿司。
どなたかご存知の方、教えてくださいね。

« ヒロチェントロ大島シェフの心ときめくイタリアン | トップページ | すり身七変化!天満の蒲鉾店 »

富山の「おいしい」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531452/51070569

この記事へのトラックバック一覧です: 富山に「地」寿司あり。その名は「志むらの寿司」:

« ヒロチェントロ大島シェフの心ときめくイタリアン | トップページ | すり身七変化!天満の蒲鉾店 »

最近のトラックバック