フォト
2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
無料ブログはココログ

« 食堂イタリアンで京都の底力を思い知る | トップページ | 京都のマダムイタリアン »

2011年4月14日 (木)

都をどりのお茶菓子は、やっぱり。

一度見たいと思っていた、京都祇園の都をどり。

京都のど真ん中で生まれ育った方に、連れていっていただきました。

をどりそのものも鳥肌モノの素晴らしさでしたが

芸子さんがお点前をし、お運びを舞妓さんがおつとめするという

当日のお茶席も、ミーハー心をくすぐる時間でした。

華やかでしょ?↓

110411_1648331

お茶菓子は、薯蘋まんじゅう。

ご製は、やはりというか、「虎屋」さんでございました。毎年そうなんですって。

110411_1647361

山芋を惜しげもなく入れたであろう、もっちりした食感と

けっこうガツンとくる甘さのあんこ。

「お茶のお菓子どすさかい」といわれたわけではありませんが、妙に納得の味でした。

お皿の模様は、提灯をモチーフにしたもの。

お団子だと思っていた私は、やはり食い意地が張っているのでしょうか…think

« 食堂イタリアンで京都の底力を思い知る | トップページ | 京都のマダムイタリアン »

京都の「おいしい」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531452/51384438

この記事へのトラックバック一覧です: 都をどりのお茶菓子は、やっぱり。:

« 食堂イタリアンで京都の底力を思い知る | トップページ | 京都のマダムイタリアン »

最近のトラックバック