フォト
2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月30日 (月)

まさに口福!目にも福!「口福よこ山」で幸せな時間

ここぞ、という時のお店。私にとって「よこ山」はそんなお店です。
大切なお客様がいらっしゃったとき
おいしいものを食べつくしているような人といっしょのとき
そして「あー、きれいでおいしくて気分が上がる食事がしたい」と思うとき。

器使い、盛り付け、ひとつひとつの味付けや全体のバランス、コースの緩急…。
どれも「きゅーっlovely」っときちゃうクオリティの高さ。
でも、決して緊張せずにいただけるのは、女将さんのアットホームな雰囲気のせいですね。

まずは塗の盃で一献。そして運ばれてきたのは、冬と春のはざまの味。
黄金ガニに菜の花に筍。

R0012666_640x480

湯葉あんかけと炊きものでほっこりと温まります。
火を加えていても素材の味が、ビシビシ届きます。

R0012667_478x638_5R0012668_590x402_6

ふたを開けた瞬間「きゃheart01」と声を上げてしまう椀ものは、かにみそしんじょhappy02

R0012669_630x466

あしらいの隅々まで美しいお造りは、
染付の芙蓉手に昆布締めにめじまぐろ、赤絵には…なんとクジラ!
生レバーは、牛にはないあっさりした風味。舌の上でとろけます。

R0012670_640x480_2

R0012671_640x480

と、ここでお酒がなくなったのでお茶をお願いしようとしたら…。
しめサバ登場。すみませーん、やっぱりもう1本日本酒をお願いします。

R0012672_470x632_2

そして、怒涛のごとく繰り出す「よこ山」ワールド。

杉板の下には子持ち鮎に比内鶏。さらに山里の風景を再現した…これ、八寸?
もずく雲丹に、からしレンコンみたいなお団子に…小さくてかわいい器にちまちまと。
乙女心、わしづかみです。オッサン心でも、もう一回最初から飲めちゃう感じ。

R0012673_640x480R0012674_640x480

そしてしめは、かき揚げと白魚の…てん茶っ!なんて大人なんでしょうhappy02

R0012675_638x478_2

デザートは、心奪われる大正時代のガラスで。栗のジェラートに黒豆、銀箔。

そして小さなポーションでワインの香りの大学芋であま~い締めくくり。

R0012677_480x640

「使いやすいものはカッコイイ」と言った漆器デザイナーがいたけれど
「おいしいものは美しい」と、私も声を大にしていいましょう♪

そして、その声を耳にしてちょっと照れくさそうにするご主人を横目でチラリ。
こんなすごいお料理作るのに、ちっともエラソじゃないところがすてきですね。
それを見守る女将さんも、にこにこしてます。

もちろん、私も一緒に行った大事なお客様もにこにこ。
1人8000円のコースで、こんなに幸せになれるなら
また一生懸命働いて食べに来ます。

ごちそうさまでした!

■口福 よこ山
℡076-224-1888
金沢市片町2-30-9
17:30~23:00 日曜休









2012年1月24日 (火)

七尾の寿司屋さんたちが、個性豊かな握りでめざす「七尾すし王国」

七尾は、内海も外海もあり、定置網でいろんな種類の魚が揚がります。

朝揚がった魚が、死後硬直もしていないうちに寿司になっちゃう。そんな場所。

その七尾が今「すし王国」として、売出し中。

で、昨年からそのお手伝いをしています。

きょうは、参加店舗4店がそれぞれ「これぞ七尾の寿司!」を3貫ずつ握り

試食する会がありました。

まずは、和倉温泉の信寿司さん。

右からナマコの2番ワタ、アジ、メジマグロ。

2番ワタはすぐに劣化するので、地元でしか食べられません。舳倉島の塩とゆずがアクセントです。

R0012662


次は駅前の回転ずし、夢市さん。

右からサバのヅケ、フグ、カキの燻製。

サバは、それこそ揚がってすぐじゃないとヅケにはできません。七尾ならでは、ですね。

回転寿司でこんなの出るのね、七尾ってすごい。

R0012663

次は海よ友よさん。

七尾市ゆかりの「長谷川等伯」にちなみ「豆腐」を使った握りです。真中はアジの味噌漬け。

豆腐の握りって初めてです。卵みたいな感じで面白い。

R0012664

最後は松乃寿司さん。左はご存じ、名物の玉子巻き。

真中は白子、右はヒラメ。

ヒラメはついさっきまで泳いでいたものですって。

ふつうヒラメはちょっと熟成させたほうがうま味がのるんですが、ここはあえてコリコリの鮮度を楽しめるものを、と。

R0012665_2

4つのお店だけでも、これだけ個性豊かな握りが登場しました。

共通メニューなんていうありきたりの名物じゃなくて

このバラエティ豊かなことや、ものすごい新鮮さが七尾の売りなんですね。

お江戸の寿司とは全然違う。その良さをみんなにお知らせしなくっちゃ!

すし王国作戦はまだ始まったばかり。これからが楽しみです!

2012年1月22日 (日)

仕事抜きで味わう幸せ。「ばん亭」で加賀の鴨三昧

一昨年からブランド化のお手伝いをしている、加賀の坂網鴨。
江戸時代から続く伝統猟で捕まえる鴨は、
鉄砲猟と違って血が回らないので臭味がなく、野生なので身が締まっています。
猟期は11月~2月、しかも年間200羽~300羽という貴重な食材。

と、いつもこんな説明をしたり、取材をしたりしながらいただいているので
一回仕事抜きでゆっくり食べてみたい!それにお酒も一緒に。と
ばん亭」に予約を入れて、えっちらおっちら電車で行ってきました。

まずは、鴨の燻製。最初のビールとよく合います。

R0012652

続いてみぞれ和え。鴨とゆずの香りに、大根おろしがからんで…日本酒、お願いしまーす!

R0012654

天ぷらは、初めていただきました。しその香りが鮮烈です。

R0012655

クワ焼きは、甘辛いタレ。猟師さんのおうちでごちそうになったものに似ています。

R0012656

串焼きは、鴨の味がストレートに。それにしても、鴨とねぎってやっぱり相性いいです。


R0012657

そして、最後は鍋!冶部煮のように、さっと小麦粉をはたいた鴨は
口当たりがよくて、うまみの逃さない感じ。
火を通しすぎないよう、ご主人が鍋の番をしてくださいました。

R0012661

関係者という立場を抜きにして、やっぱりすごいわ、坂網の鴨。
鴨や野菜のおいしさを抱え込んだだしで最後はおじやに。
それもきれいにたいらげて(ちょっとご主人びっくりしてたけど)
ごちそうさまでした!

この味を楽しみたいという方に耳よりな情報を。
…と、ここでお仕事モードに入りますが
坂網猟を見学し、ばん亭さんでその鴨づくしの料理を味わい
加賀の名旅館に宿泊するという、心躍るツアーが実現しました。

2012年2月3日~4日。
詳細はhttp://www.tabimati.net/releases/165
まだ若干のあきがあるそうです。

■加賀料理 ばん亭
℡0761-73-0141
加賀市大聖寺東4-11
11:30~14:00、17:00~22:00

2012年1月20日 (金)

美人になれる(?)五彩リゾット、試作完了!

美人になれる(?)五彩リゾット、試作完了!

最近、地元の食材のブランド化をお手伝いすることが増えてきました。
あっちの町、こっちの市と、いろんな場所に関わっていると
北陸の食材の豊かさを実感します。

今進めているもののひとつが「九谷焼丼」(仮名)。
食材やメニューだけではなく、伝統工芸の九谷焼を絡めた食のプロジェクトです。
先陣を切ったのは、南加賀エリアで頑張っている
食生活改善委員会や商工会女性部の方々。

九谷焼の五つの色、五彩と野菜の色が持つパワーを絡めて
美肌やアンチエイジングにうれしいメニュー
「五彩リゾット」が完成しました。
2月5日に金沢の産業展示館で開かれる
「いしかわの食てんこもりフェスタ」に出展します。
当日はたくさんの方に試食してもらって
いろんなご意見をいただく予定。
ご都合の合う方は、ぜひお運びくださいね。

2012年1月16日 (月)

タルトは大人のおやつ。だそうです。ミディ・アプレミディ、ナイス!

この表紙(↓)に出会って以来、憧れてました。
いつか、誰かがこれを持ってうちに遊びに来てくれることを。

いろんな味を集めて1ホールにするなんて…lovely
「ミディ・アプレミディ」という京都のタルトやさん、ブラボーですぅ!

で、思えばかなうもので。
全部じゃないけど、2種類を買ってもらいました。やっほー♪

R0012650


洋梨と田舎風リンゴ。あ、喜びのあまりピンボケしてるbearing
タルト生地がサクサク。でもしっかりした風味で大人っぽーい。
洋梨はしっとりした仕上がり。
リンゴはクランブルの食感とシナモンの香り。またまた大人っぽーい。

なるほど、大人のおやつなんですね。

でも、食べてるときはきっと子どもの顔だったと思う。
ごちそうさまでした。
今度は全種類、ホールで食べたいわbleah

■ミディ・アプレミディ
℡075-221-1213
京都市中京区東洞院通三条下ル
10:00~ 火曜休

2012年1月14日 (土)

忍者の郷の老舗牛肉店「金谷」で伊賀肉に出会った。ニンニン♪


伊賀肉なるブランド牛が、かなりおいしいらしいと聞き
では食べてみなければなりますまい、と
ゴトゴトと電車に揺られて、小旅行。
近鉄特急の次は、クノイチ模様の伊賀鉄道(写真参照happy02)に乗り換えて、

忍者の郷の老舗牛肉店「金谷」で伊賀肉に出会った。ニンニン♪

伊賀上野のひとつ隣の駅、広小路に降り立ちました。

めざすは「金谷」。
駅から徒歩1分。伊賀街道という小さな商店街に、この店構え。
1階は精肉店、2階に上がると、いくつものお部屋が続くお料理やさんになっています。

忍者の郷の老舗牛肉店「金谷」で伊賀肉に出会った。ニンニン♪

まずはバター焼きをお願いしました。
分厚い鉄鍋で、お姉さんが手際よく焼いてくれます。
バターと牛肉の香りが、お部屋に漂い、お腹がぐぅ〜(>_<)
焼き上がったお肉は、たっぷりの大根おろしでいただきます。

R0012646



ヒレとロース、地元の野菜を味わったあとは
いよいよすき焼き。
見事な霜降りのサーロインをさっと焼いていただきます!

R0012648R0012649



伊賀の青ねぎをはじめ、野菜もたっぷり。
最後は、野菜の旨味を吸ったお肉をOn the ライス!で。
う〜ん、幸せo(^-^)o

噂通りだわ、伊賀肉。
残念ながら忍者はこの味、知らなかったんだろうな。

…と帰りのクノイチ電車で、思いを馳せたのでありました。

■元祖伊賀肉金谷
℡0595-21-0105
三重県伊賀市上野農人町434
11:00~21:00 月曜休

2012年1月13日 (金)

食パンもいいけど「あんドーナツ」も魅惑的なフロイン堂

このご時世、手ごねと石窯で焼いているパン屋さん、フロイン堂。
今、阪神間にはものすごくたくさんのおいしいパン屋さんができていますが
やっぱりここのパンが、自分の中のスタンダードです。

フロイン堂といえば、「食パン」で
父がよく買ってきてくれたのも「食パン」で
自分で買いに行くのもやっぱり「食パン」が多いのですが

店先で見つけたら必ず買っちゃうのが「あんドーナツ」。
焼き上がりの時間だと、店じゅうにシナモンの香りが漂っていて
食パンを買いに行ったにもかかわらず
気がつくと「あんドーナツもください」って言ってしまうのです。

大きくてどっしりしてて、ころころしてて。
姿形は決して今風ではないんだけど
フロイン堂らしい、もちっとした生地とあんこ
たっぷりふりかけたシナモンが、どうもクセになるみたい。

R0012642R0012645


素朴な紙の袋に入れてくれるもんだから、帰り道もいい匂いが漂いますlovely
家に着く前に食べちゃおう!という誘惑にかられたこと数知れず。
誘惑に負けたことも…数回bleah

誘惑してくるパンって、そうあるもんじゃないですよね。
罪なヤツです。フロイン堂heart02

■フロイン堂
℡078-411-6686
神戸市東灘区岡本1-11-23
9:00~19:00 日・祝休

2012年1月11日 (水)

ジャポネ~な洋菓子。ラ・ベルジャポネの「フランス風もなか」

「まんじゅうな暮らし」。
金沢の人たちと和菓子の密接な関係を、こんなふうに表現したことがあります。

人生の節目、季節の行事、そしてちょっとお茶を出すとき…
ことあるごとに和菓子を贈り、愛で、食します。

だからでしょうか?
洋菓子のお店までが、和テイストなお菓子を作っているんですよ。
しかも、これが「お遊び」じゃなんですね、けっこう本気。クオリティ高い!

横川にあるフランス菓子のお店「ラ・ベルジャポネ」。
オーナーの黒田さんは、職人気質の菓子職人。
オープン当初は「ピュアな風味を作りあげるショコラティエ」と認識していたのですが
真面目そうな見かけによらず、彼の発想はどんどん広がっていったようです。

「フランス風もなか」。
このベタな名前にもかかわらず、すごくキュートでかわいい味。
まるで黒田さん自身のような、ギャップです。

R0012633

パリッと軽いもなかの皮の中は、シュッと口どけのいい和風のクリーム。
写真は、「黒胡麻」と「栗」。

皮とクリームの食感のバランスとか
甘さ控えめっぽいのに、けっこうインパクトのあるクリームとか
「んもう、職人なんだから!」な感じです。

一度、イベントでお願いして抹茶クリームとわらびもちの入った「フランス風もなか」を
作っていただいたこともあり
それが参加者に、「金沢らしい!」と、好評でした。

フランスの人が思い描く「ジャポネ」なのかな?
でも、フランス人にはこの味はきっと出せないと思う。

金沢のフランス菓子職人だから、できたんでしょうね。
おそるべしですhappy02「まんじゅうな暮らし」。

■ラ・ベルジャポネ
℡076-280-3300
金沢市横川6-80 ベル・コリーヌ横川1F
10:00~19:00 水曜休

2012年1月10日 (火)

えべっさん名物、おたふく茶屋の甘酒

えべっさん名物、おたふく茶屋の甘酒
商売人ではありませんが、十日戎になると「行かねばならぬ」と思います。
西宮戎のお膝元で育ったせいでしょうか
子どもの頃から毎年「えべっさん」にお参りし
新しい福笹をいただいて帰るのが恒例行事でした。
人混みの中、やっとの思いで本殿にたどり着き
もみくちゃになりながら手を合わせたあとは
境内にある茶屋で甘酒を買ってもらうのが、子ども心に楽しみのひとつでした。
赤い毛氈の椅子とか、屋根しかない茶屋とか
非日常的で、ワクワクしたんでしょうね。

で、大人になっても、金沢に住むようになっても
毎年、十日戎には西宮のえべっさんにお参りして
福笹をいただき、甘酒を飲んで帰ります。

商売繁盛!…も大事だけど
懐かしい味の甘酒も大切。

三つ子の食い意地、百まで。ですねf^_^;

2012年1月 8日 (日)

身体ぽかぽか「みふく」の絶品鍋

底冷えのする金沢の冬は、熱々の鍋が身体にしみます。
主計町の「みふく」は、おもに冬の間営業している、かき鍋の店。
私のように、かきがダメな人でも大丈夫。「肉鍋」もあります。
ちょっと甘めのだしに、特製の味噌の島。
土手鍋みたいに、崩しながらいただくのですが
そこに大量のおろし生姜を投入。
味噌と生姜の香りがう〜ん、食欲をそそります。

R0012628



まずはかき鍋なら中島のかきが、肉鍋なら見事な霜降りの肉が鍋に。
火が通ったら、すき焼きみたいに、とき卵につけていただきます。
バージョン2として、卵の代わりに三杯酢もあり
こちらもあっさりして、オススメ。
そして、主役のかきや肉を脇に追いやるほどなのが、深谷ねぎ。
太くて、甘くて、とろりとしてて。
煮込むと、いろんな味が染み込んで、さらに味わい深くなります。
頃合いを見ながら、最後まで接待さんがついてくださるので
食べ頃を逃す心配もありません。
熱々、しかもたくさんの生姜やねぎで身体ぽかぽか。
最後は、かきごはんにだしをかけてサラサラと。

R0012629



帰りは、女将さんに見送られ、ほろ酔いで浅野川沿いを歩きます。
ちょっとほてった顔に冷たい風が気持ちいいhappy02

…と、調子に乗っているとせっかく温まった身体が冷えちゃうので、要注意。
金沢の底冷え、なめたらあかんでぇbleah

今日は初釜。1年で一番「日本人でよかった」と思う日。

今から10数年前、金沢に引っ越すと決まったときに、こんなことを言われました。
「金沢の人は、みんなお茶を習っているので、知らないと恥をかくよ」と。
これは大変!とばかりに引っ越してすぐに習い始めた、茶道。

ちっとも上手になりませんが、続いているのは
ときどき、お茶の世界の奥深さを垣間見られるからだと思います。

その代表的な機会が、お茶会。
とくに一年の初めの「初釜」は、日本のおめでたいもおがたくさんちりばめられて
わくわくしてしまいます。

R0012622_640x480_2


↑写真は蓬莱飾り。待合の床の間です。

ちょっと緊張するお茶席のあとは、お食事。

R0012623

約束事にのっとっていただくお料理は、緊張感もごちそうのうち。
ああ、日本ってすてきだわ、と思ってしまうのです。

さぁ、今年こそはお茶のお稽古に精進しよう!と決心。
ただ、毎年同じことを考えているような気がするのは、ご愛嬌ねbleah

2012年1月 5日 (木)

玉響のリニューアルパーティーはエキサイティング

街の規模の割に、大人っぽい場所が多い金沢。

なかでも、犀川を見下ろす「玉響」は、ちょいとお忍びな感じがする
大人っぽさ(=色っぽさ)満点のスポット。
夜景が見える大きな窓はロマンチックだし
料理はきちんとした和食だし
接客もいい距離感でくつろげる。

R0012621

そんな玉響が、新しい女将を迎えて再出発するそうで
リニューアルオープンのパーティに行ってきました。

ビュッフェスタイルの料理は、卵焼きにポテトサラダ、鯖とペコロスの酢豚風、鱈の真子の茶碗蒸し、青シソのお稲荷、すじ大根…と大人心をくすぐるラインナップ。

R0012616


おいしいものがあれば、初めてお会いする人とも
自然に会話もはずみます。

パーティも佳境に差し掛かったそのときです。
なんとファイヤーダンスが始まりました。
間近で見る炎の美しいこと。

R0012619

踊っていたのは、なんと新しい女将。
さっきまで着物姿だったのに…happy02女はギャップが大切ね。

もしかしたら、今までと違う玉響になるのかも。

とはいうものの、お店でのファイヤーダンスは今日限りだそうで。
素敵なリニューアル。楽しみです。

2012年1月 4日 (水)

山中温泉の八百屋さん「なかまさ」でスープランチ


温泉街って、意外にランチが泣きどころだったりします。
温泉の朝ごはんはついつい食べ過ぎてしまうから、軽めがいいけど、
せっかくだし、あんまりそっけないのも…ねぇ。

山中温泉のゆげ街道に、「なかまさ」という八百屋さんがあります。
加賀の地野菜をこよなく愛する女将さんは、野菜ソムリエ仲間。
お店には、生産者さんから直接届く、鮮度抜群、バラエティー豊かな野菜が並んでいます。

そのなかまささん、八百屋さんならではの「加賀野菜のスープ」を出しています。
五郎島金時のクリームスープ、加賀レンコンのすりながし…どれもほっこり温まる優しい味。
写真は生姜入り8種の野菜と能登塩のスープ。

山中温泉の八百屋さん「なかまさ」でスープランチ

寒い日、取材の合間にいただいたのですが、お腹の中が本当にぽかぽかしました。
サラダと、地元で人気のパンがついてワンコイン、500円!
前の晩、温泉料理やお酒で酷使した身体が喜ぶ感じです。

温泉で温まって、地元野菜のスープでほっこり。

山中温泉のぽかぽか効果、掛け算ですね。
ごちそうさまでした(^O^)

■なかまさ
℡0761-78-1112
加賀市山中温泉ゆげ街道ロー763 

 

 

2012年1月 3日 (火)

正明で大人女子会。ふぐは冬のごっつぉおです!

まだ私が神戸に住み、大阪で働いていたコムスメの頃
ふぐは、上司に連れてってもらうものでした。
ときは流れ、いつの間にか上司に頼らずとも
自分のお財布でふぐを食べに行けるようになりました。
喜んでいいのやら、ちょっと複雑ですが。
同じ穴のムジナ…いえ、自立した女子たちが
「おいしいもの、食べよう」と、雪のちらつくなか、大工町にある正明に集まりました。
正明は、金沢でふぐといえば…なお店。
昭和な雰囲気にも違和感なく馴染む、大人女子だからこそのセレクトですの、おほほ。

てっさは、なんと一人前ずつ出てきます。
ケンカしないように、かしら?
正明で大人女子会。ふぐは冬のごっつぉおです!

鍋は、これでもかっ!のもりもりふぐo(^-^)o
正明で大人女子会。ふぐは冬のごっつぉおです!

大人ですもの、ヒレ酒だって飲んじゃうわ。

正明で大人女子会。ふぐは冬のごっつぉおです!

気がつくと「お腹いっぱ〜い」といいながらも完食!
働く女はこうでなくちゃ(^0^)/
さ、明日からまたがんばりましょう。
しっかり稼いで、またごっつぉお食べるために。

■割烹正明
℡076-263-8330
金沢市大工町25
17:30~23:00 日曜休

2012年1月 2日 (月)

ソウルフード、数々あれど。ニューミュンヘンのから揚げ

子どものころ、両親と三宮や元町に買い物に行くと
帰りに連れていってもらったのが、ニューミュンヘン。
本格的なドイツスタイルのビールが飲めるお店なのですが
子供のころは、おいしい食べ物があって、父がご機嫌になるお店。という認識でした。

時は流れ、私も大人になり
「ここのから揚げ、ビールに合う合う!」ということに気づきました。
もちろん、そんなことを考えるのは私だけに限ったことではなく
関西在住…とくにキタや三宮あたりがテリトリーの人の多くが
「ニューミュンヘンのから揚げ」は、ビールのお友として認知されていると思います。

で、そのから揚げ。
常々私が「日本一のデパ地下」と称している阪神百貨店の地下で売っています。
素通りできません。買って帰りました。

R0012615


鶏が徳島。骨付きは阿波尾鶏で、骨なしは阪神限定らしいです。
「揚げたてなので、袋は開けておきますね」とお店のおねえさん。
帰りの電車に、良いにおいを漂わせながら家路へ急ぎます。

カリッとした衣、ジューシーなお肉を想像するだけで
「ビールビール♪」っと心がはやってしまうんですね、これが。

パブロフの犬、ならぬ
ニューミュンヘンのなんたらでした。

2012年1月 1日 (日)

あけましておめでとうございます。のあとは、おせちで口福

今年のお正月は、実家で迎えました。
妹とその夫と。静かなお正月です。
こんな機会もめったにないので、おせちは金沢のお店にお願いしてみました。

R0012614_2

↑六味一滴さんのおせちです。
元旦の朝に届けていただきました。

ものずごーく金沢沢らしい!というものではないけれど、
丁寧で美しい仕事ぶり。
お店でいただくお料理も、ご主人の誠実な人柄が表れていますから
当然ですね。

見た目重視の「どや顔」おせちが多いなか、ちゃんとしていてしみじみおいしい。
味もちょっと濃いめでおせちらしい味わいです。
かきなます、きぬた巻き、牛蒡に海老に黒豆に…。

こいつぁ、春から…な気分lovely
さ、今年もおいしいもの、たくさん食べるぞー!
一年の計は元旦にあり、ですねwink

■六味一滴
℡076-225-7016
金沢市木倉町5-6
18:00~22:00(ランチは予約制)
日曜休


« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »

最近のトラックバック