フォト
2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
無料ブログはココログ

« 主計町のお花見特等席。「嗜季」のお座敷でお昼ご飯 | トップページ | 女子っぽいランチの決定版「ひらみぱん」 »

2012年4月17日 (火)

あのイケメンシェフが宮崎の食材とがっぷり四つ。タツヤカワゴエ・ミヤザキ

代官山のイタリアンのオーナシェフ…というよりも、
テレビや雑誌でおなじみの…と言ったほうがわかりやすいかも。
川越達也シェフのお店が、宮崎のシェラトン・グランテ・オーシャンリゾートにあります。
タツヤカワゴエ・ミヤザキ
シェフは宮崎県の出身なんですって。なるほどね。

一直線に続く海岸線を見下ろす、リゾートホテルの42階。
テンション、上がりますねhappy02
宮崎の食材を使った川越シェフのイタリアン…どんなおいしいものが出てくるんでしょうか?

最初に運ばれてきたのは、なんと「宮崎名物の大森淡水鰻のリゾット」。
けっこうしっかした味付けで、食欲を刺激します。

R0012805_480x640_225x300_3

続いて「蛍烏賊の季節山菜のカクテル 戸隠風味のジュレと共に」。
蛍烏賊は北陸、とくに富山のものというイメージだったのですが、日向灘のものですって。
戸隠というのは、宮崎釜揚げうどんの有名店。ここの出汁醤油をジュレに。

R0012806_480x640_3

ちょっと和風な香りのあとは、「オマール海老のポアレ宮崎甘藷のピューレ添え」。
辛味のきいたアメリケーヌソースと甘い宮崎さつまいもの2種類のソース。
上にのっているのも、さつまいも。甘辛のバランスが楽しい一皿です。

R0012807_480x640_225x300_2

パスタは、「雲丹とトマトクリーム」。
とろりとした雲丹の舌触りとトマトの酸味。でも食感はあくまでもクリーミー。
甘いんです。南国宮崎っぽいな、と。

R0012808_480x640_2

そして鶏肉。「宮崎県桜姫鶏の三種食べ比べ」。
あの県知事のトップ営業以来、一躍有名になった「宮崎地鶏」です。
赤いゆずこしょう、バジルなど3種類のソース、中央はクスクスでした。

R0012809_480x640_225x300

お魚は「カルタ・ファタで包んだ旬魚のアクアパッツア風」。
カルタ・ファタという耐熱セロファンで包んで、うまみを閉じ込めたんですって。
リボンをほどくと、ふわりと香りが立ち上ります。

R0012810_480x640_3

そしてメインは「国産牛ロース肉のタリアータ」。
最後はオーソドックスなところに落とし込んできました。
ポルチーニ茸の香り豊かなソースです。

R0012812_480x640_225x300_2

デザートは2種類。
左はアヴァンデセールのパンナコッタ。
左はバジルのソルベにチョコレートブラウニー。
このあたりが、乙女心やマダムの❤をわしづかみにするんでしょうね。

R0012813_480x640_225x300_4R0012817

川越シェフが料理してるわけではないし
びっくりするような味というわけではないけれど
盛り付けや組み合わせに「華」があるのは、川越プロデュースのなせる業。
豊かな宮崎の食材を、ちょいとおしゃれに食べられるなら楽しいかも。
ロケーションはバッチリだし、「ここ一番!」のレストランですね、きっと。

■タツヤカワゴエ・ミヤザキ
℡0985-21-1148
シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート 42階
11:30~14:30、 18:00~21:45

« 主計町のお花見特等席。「嗜季」のお座敷でお昼ご飯 | トップページ | 女子っぽいランチの決定版「ひらみぱん」 »

いろんな地方の「おいしい」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531452/54496584

この記事へのトラックバック一覧です: あのイケメンシェフが宮崎の食材とがっぷり四つ。タツヤカワゴエ・ミヤザキ:

« 主計町のお花見特等席。「嗜季」のお座敷でお昼ご飯 | トップページ | 女子っぽいランチの決定版「ひらみぱん」 »

最近のトラックバック