フォト
2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
無料ブログはココログ

« 今までナメてたわ、ごめんなさい!塚口のアレグロでパスタに謝罪 | トップページ | 鯛焼きの分際で予約必須?!「中尾」の羽根付き鯛焼き »

2012年5月 8日 (火)

イラチの関西人を15分待たせる「うどん工房悠々」の実力

コンビニエンスなうどん屋さんが流行っているのは、何も関西に限ったことではないけれど。
信号待ちでも青に変わる前から「リーリー」しちゃう、イラチな関西の人たちにとって
カウンターのうどん屋さんは、「早い、安い、うまい」があたりまえだったはずです。

ところが。
「茹でるのに15分ぐらいかかるねんで。でもみんな黙って待っとるねん」といううどん店が
登場したというではありませんか。

行かねばなりますまいbleah

うどん工房悠々」は、昨日の大衆イタリア食堂アレグロから歩いて8歩。
塚口の昭和な駅前ビル、さんさんタウンの1階にあります。
太鼓のれんには「自家製麺」。期待が高まりますね。

お昼のピークは過ぎていたにもかかわらず…満席ですshock

カウンターの中には女性スタッフが3名。店主は「脱主婦」だそうです。
キビキビと動き注文を聞き、うどんを茹で、サイドメニューを作り、
ゆで時間がかかる旨を笑顔で説明。忙しそうなのに、接客にそつがありません。

頼んだのは、かき揚げうどんのセット。冷たいうどんで、と。
評判通り、20分近く待って運ばれてきましたよん。

R0012852


うどんにかやくごはん。炭水化物&炭水化物は関西の定番。
見事な高さのかき揚げとぶっかけだしは別皿です。

そして…みてみて!とぐろを巻く、麺のこの艶lovely

R0012853

2回寝かせているそうで。
さぬきもびっくり!お年寄りは噛み切られへんで、なコシの強さ。

オブジェのようなサクサクかき揚げと、とぐろを巻くツヤツヤうどん。
どうやって食べるのがおいしいんでしょう?と思っていたら
お店のおねーさんが笑顔で教えてくれました。
「かき揚げだけで召し上がる方もいるし、全部うどんに入れてダシをかけるのが好きな方もいます。私は、ちょいちょい“”つけながら食べるのが好きですけど」

よっしゃー、おねーさんのマネしよう!
かき揚げをザクッと崩しながら、“ちょいちょい”うどんのダシにつけていただきました。

うどん、んまい)^o^(
かき揚げサクサク)^o^(
ダシは鰹の香りがふわり)^o^(
うどん+ダシ、かき揚げ+ダシ、うどん+かき揚げ、かやくごはん、ひじき、うどん、かきあげ、うどん、ダシ、かやくごはん…delicious

なるほどね。イラチな関西人を15分待たせるだけのことはあるわ。

大阪の昔からある「やらかい」うどんもいいけれど
この気合いの入ったコシの強いうどんは、
昨日のパスタに通じる「小麦粉の料理」、ある意味の「粉もん」ですね。

関西の粉もんバリエに、グラッチェhappy02おおきにhappy01

ごちそうさまでしたpig

■うどん工房悠々
℡06-6427-8110
尼崎市塚口町2-1-2塚口さんさんタウン2番館1F
11:00~15:00、17:00~21:00(日曜日11:00~20:00) 月曜休

 

« 今までナメてたわ、ごめんなさい!塚口のアレグロでパスタに謝罪 | トップページ | 鯛焼きの分際で予約必須?!「中尾」の羽根付き鯛焼き »

神戸・阪神間の「おいしい」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531452/54666637

この記事へのトラックバック一覧です: イラチの関西人を15分待たせる「うどん工房悠々」の実力:

« 今までナメてたわ、ごめんなさい!塚口のアレグロでパスタに謝罪 | トップページ | 鯛焼きの分際で予約必須?!「中尾」の羽根付き鯛焼き »

最近のトラックバック