フォト
2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
無料ブログはココログ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年5月

2012年5月26日 (土)

クウネル系女子憧れの「くるみの木」に、オッサン心の女子も大満足!

数少ない“おしゃれポンなお友達”が「行こう!」と誘ってくれたので
行ってきましたhappy01奈良の郊外にある、「くるみの木 秋篠の森」。
金沢から車で約4時間。
小さななギャラリーやプチホテルのある一角に
食の円居なず菜」があります。

R0012903

ナチュラルなべっぴんさんのホールスタッフに迎えられて席に。
彼女は飲み物のメニューを差し出しながら
「このほか、冷たいお水と“ほのかに温かい”お茶をご用意しています」と笑顔で。
なかなか出ないよ、「ほのかに温かいお茶」なんて表現happy02

最初に運ばれてきたのは
新じゃが芋の冷製スープ空豆の葛団子添え
空豆は食感を残し、つるりとした葛で寄せて団子に。
じゃが芋の風味もやさしい感じ。黒こしょうが引き締め役です。

R0012891_14

続いて
大和丸茄子と揚げ鱧の生姜あんかけ
4人でお邪魔したのですが、4人とも違う器に盛られて出てきました。
私のはこんな素朴なイメージでしたが、黒い器もキリッとしてていい感じ。
これでひとしきり、また盛り上がっちゃうわけですね。

R0012892

海老とはす芋の土佐酢ジュレ
昨年大流行したジュレですが、ガツッと酢が効いていて
味は見かけによらずオトコマエshine

R0012893


アスパラと不断草の葛うどんは
意表をつく、ペペロンチーノ風でした。ちなみに、これも器はそれぞれ。

R0012894


揚げ梅の茶碗蒸し
しょうがあんのかかった、ふるふる茶碗蒸し。
トッピングの揚げた梅干しが、表面だけカリッとしててなんともいい食感。


R0012895

メインは大和牛のロースト自家製胡麻ポン酢添え
二十日大根はなんと!葉っぱごと揚げてあります。
クレソンの力強い香りにびっくりwobbly

R0012896

続いて「お口直しに」と運ばれてきたのが
奈良苺の自家製シャーベット。
写真じゃよくわからないけれど、手のひらにすっぽり隠れてしまうようなサイズ。
器もスプーンもちっちゃくて超かわいくてheart01ひとしきりキャーキャーhappy02
そういえば「女子は手のひらサイズに反応する」と某編集部の方が言ってました。
何を隠そう、心オッサンの私でも、ときめいちゃいましたもの。
いちごをそのまんま食べているような濃い味です。

R0012897_4

そして、ごはんと味噌汁、漬物に、自家製のちりめん山椒。

R0012898


一瞬「うわ、ごはん少なっ!」と思ったけれど、かなりお腹いっぱい状態です。

でも、やっぱり甘いものは別腹。
自家製抹茶あんみつ白玉団子添え

R0012899


きちんと苦味のある「おう、抹茶だ!」な味。
寒天も白玉も手抜きなし、な歯ごたえです。

あーおいしかった!と、オッサン風にちょいとお腹をさすりながら
見回すと、お客さんはすべて女性。
しかも、私たちが一番若いんじゃないかという年齢層。
マダムたち、ええもん食べてるなsmile

こっち系の料理って、薄味に走りすぎたりすることが多いんだけど
ここのは、きちんとメリハリきいてました。
計算されてる感じ。

そのうえ器も盛り付けもかわいらしい。
女性が喜ぶはずですね。

オッサン女の私でさえ、乙女な気持ちになれました。
1時間後には、戻ってたけど、ねbleah

ごちそうさまでしたdelicious
誘ってくれた、おしゃれポン友達に、感謝fuji

■秋篠の森 食の円居 なず菜
℡0742-528560
奈良市中山町1534
11:00~14:30、19:00~21:00
火曜・第3水曜休

2012年5月21日 (月)

さ、何つくろ。徳島の新にんじんが届きました。

やわらかくって甘味の強い、新にんじん。
秋に種をまき、冬を越して育ち、春に収穫するにんじんです。

我が家に、徳島の新にんじん15㎏が届きました。、
「なっ!とくしまソムリエ」として、徳島の野菜をアピールしなくちゃhappy01

まずは生でポリポリ。初対面は生で、がキホンgood
生がおいしいので、ジュースにしてみました。にんじん3本の贅沢ジュース!
どうだっ!!!

R0012886_225x300


昆布を入れた甘酢につける和風ピクルスと
塩麹漬けも作っておきましょう。

R0012887

R0012888_2

とりあえず、きょうはここまで!
明日はスープにリゾットに白和えに…にんじん三昧ですね、きっとdelicious


2012年5月17日 (木)

鯛焼きの分際で予約必須?!「中尾」の羽根付き鯛焼き

鯛焼きの分際で予約必須?!「中尾」の羽根付き鯛焼き

予約といっても、電話予約は受付不可。
お店で直接頼むのですが、たいてい「30分後に」とか「1時間ぐらいかかるわ」とつれない返事が返ってきます。
たいがい、前の人たちの予約の鯛焼き焼いてる状態なんですね。

強気の商売と言えばそうなんですが
タカビーな感じでもなく、あくまでも地元に愛される鯛焼きやさん。
注文して、スーパーで買い物して帰りに寄るとか
ブラブラして待つとか
みんなそんな感じです。
金沢に流れる悠久の時間を実感できる、数少ない場所でもありo(^-^)o

だって、待ったかいある鯛焼きですから。
しっぽまで、ホントに見事にあんこが入っているし
ご覧のとおり、まわりの生地…羽根までついてるんですよ。
また、この羽根がサクサク!

熱々を茶色い紙の袋に入れてくれます。
袋から伝わる熱々の感じ、香ばしい匂いに、あんこの香り。
買い食いにワクワクした頃を思い出しちゃうわけです。
もう大人だから、三つも食べるのさ
…って、実は知人が「はい」ってくれたんです。
もらってもうれしい、テッパンおやつですlovely

2012年5月 8日 (火)

イラチの関西人を15分待たせる「うどん工房悠々」の実力

コンビニエンスなうどん屋さんが流行っているのは、何も関西に限ったことではないけれど。
信号待ちでも青に変わる前から「リーリー」しちゃう、イラチな関西の人たちにとって
カウンターのうどん屋さんは、「早い、安い、うまい」があたりまえだったはずです。

ところが。
「茹でるのに15分ぐらいかかるねんで。でもみんな黙って待っとるねん」といううどん店が
登場したというではありませんか。

行かねばなりますまいbleah

うどん工房悠々」は、昨日の大衆イタリア食堂アレグロから歩いて8歩。
塚口の昭和な駅前ビル、さんさんタウンの1階にあります。
太鼓のれんには「自家製麺」。期待が高まりますね。

お昼のピークは過ぎていたにもかかわらず…満席ですshock

カウンターの中には女性スタッフが3名。店主は「脱主婦」だそうです。
キビキビと動き注文を聞き、うどんを茹で、サイドメニューを作り、
ゆで時間がかかる旨を笑顔で説明。忙しそうなのに、接客にそつがありません。

頼んだのは、かき揚げうどんのセット。冷たいうどんで、と。
評判通り、20分近く待って運ばれてきましたよん。

R0012852


うどんにかやくごはん。炭水化物&炭水化物は関西の定番。
見事な高さのかき揚げとぶっかけだしは別皿です。

そして…みてみて!とぐろを巻く、麺のこの艶lovely

R0012853

2回寝かせているそうで。
さぬきもびっくり!お年寄りは噛み切られへんで、なコシの強さ。

オブジェのようなサクサクかき揚げと、とぐろを巻くツヤツヤうどん。
どうやって食べるのがおいしいんでしょう?と思っていたら
お店のおねーさんが笑顔で教えてくれました。
「かき揚げだけで召し上がる方もいるし、全部うどんに入れてダシをかけるのが好きな方もいます。私は、ちょいちょい“”つけながら食べるのが好きですけど」

よっしゃー、おねーさんのマネしよう!
かき揚げをザクッと崩しながら、“ちょいちょい”うどんのダシにつけていただきました。

うどん、んまい)^o^(
かき揚げサクサク)^o^(
ダシは鰹の香りがふわり)^o^(
うどん+ダシ、かき揚げ+ダシ、うどん+かき揚げ、かやくごはん、ひじき、うどん、かきあげ、うどん、ダシ、かやくごはん…delicious

なるほどね。イラチな関西人を15分待たせるだけのことはあるわ。

大阪の昔からある「やらかい」うどんもいいけれど
この気合いの入ったコシの強いうどんは、
昨日のパスタに通じる「小麦粉の料理」、ある意味の「粉もん」ですね。

関西の粉もんバリエに、グラッチェhappy02おおきにhappy01

ごちそうさまでしたpig

■うどん工房悠々
℡06-6427-8110
尼崎市塚口町2-1-2塚口さんさんタウン2番館1F
11:00~15:00、17:00~21:00(日曜日11:00~20:00) 月曜休

 

2012年5月 7日 (月)

今までナメてたわ、ごめんなさい!塚口のアレグロでパスタに謝罪

もはやカレーやラーメンばりに定番化しているだけに
長過ぎたの春の恋人どうしのように
それほど強い興味を持って対峙することも減っていたようです。パスタに。

そんな日々に、突然耳に入ってきました。
「家内制手工業みたいな、生パスタの製麺所がある。しかも手打ち」と。
しかもそこで製麺した生パスタを食べられるお店が塚口にある、と。

行かねばなりますまいthink

場所は阪急塚口。さんさんタウンという昭和な香り漂うショッピングセンター。
その1階のはしっこにあるのが、「大衆イタリア食堂アレグロ」です。

土曜の夜、けっこう遅がけだったにもかかわらず、満席bearing
隣の姉妹店…というか、ドリンクやフードや人が行き交う離れみたいな店の
カウンターがなんとか空いていて、座れましたscissors

女性どうし、カップル、家族連れ、そして男性ふたり連れなんかもいて
老若男女、わいわい楽しそうに食事しています。
みんな顔は平べったいけど、イタリアの大衆食堂みたい。
そういえば後ろの席で家族と来ているおっちゃん、
目を細めて見たらアンディ・ガルシアに似てなくもない…か?

この日は、3種類の生パスタがスタンバイ。
頼んだのは、もちもち好きにはたまらない、太麺タリアテッレ。

R0012851

ソースはトマト。ベーコンも入って、うまみもコクもあります。
このソースがぶっとくてひらひらしたパスタに絡んで…happy02

麺がおいしいlovelyパスタってソースじゃなくて、麺のものなのね。
今まで、茹で具合とかソースにばかり目が行ってました。
ごめんなさい!私が未熟でございましたweep

パスタに夢中になっていましたが、よく見ると(よく見なくてもわかるけど)
カウンターの中には石窯があるじゃ、ございませんか。
しかも、この店のオーナーは、ナポリのピッツァコンクールで6位になったとshine
その弟子で(たぶん)あろうイケメンのお兄ちゃんたちが
ピッツァの生地を伸ばし、具をのせ、その窯に放り込んでいます。

食べねばなりますまい。

で、マルガリータをお願いしました。
パスタを勢いよく平らげてしまったので、焼きあがるまでのつなぎがありませんcrying
満席状態ですからね。
ワインだけ飲むのは体にもよくないので、オリーブを頼んでゆるゆる待ち
そのうちピッツアもできあがりました。

R0012850_2R0012849

ぷうっとふくらんだ生地は、パリッとしてます。
スタンダードなマルガリータです。味も安心、スタンダード。

もっちもちパスタとパリッパリのピッツァ。
もう、これはイタリアンではなく、「粉もん」なんですね。

もちろん、お好み焼きやたこ焼きとは別物だけど
粉の香りやら、質感やら、食感の違いやら…。
パスタもピッツァも「小麦粉の料理」なんやな、と思ってしまいました。

小麦粉、ブラボ-heart04恐るべしshock
炭水化物ダイエットなんて、私、一生できないわ。

■大衆イタリア食堂 アレグロ 塚口
℡06-6427-3910
尼崎市塚口町2-1-2 さんさんタウン2番館1F
11:00~15:00、17:00~22:30 不定休

« 2012年4月 | トップページ | 2012年8月 »

最近のトラックバック