フォト
2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
無料ブログはココログ

« ごちそうさま〜ず。第3回目は西洋野菜でイタリアン | トップページ | 立春に »

2015年12月11日 (金)

石川県と羊料理その1〜和食編

耕作放棄地で、生え放題の草を羊に食べさせよう。
そんなことから、石川県立大の羊プロジェクトが始まりました。

今年は、その羊を新たな食のブランドに。と
和洋中の料理人が挑んだ羊料理の試食会が開催されます。

おじゃましたのは、白山のふもとにある、小さなお宿、「ふらり」。
山の食材を巧みに使いながら、洗練された料理をつくる
ご主人の高木さんが、初めての羊料理に挑んでくれました。

最初に出てきたのは、羊大根。
ぶり大根の羊版です。


次は、鍋。



餌に竹の粉末を加えたものと、加えていないもの。
2種類の仔羊を別々にいただきました。
竹ありのほうが、羊らしい香りがするのですが
2頭の比較なので、個体差かもしれませんね。

箸休めっぽく、筋の炊いたもの。
白ご飯、プリーズ!な甘辛味です。



そして、羊の筑前煮。
「鶏肉に近いと思ったので」と高木さん、
なるほど、根菜とよく合います。



サラダには、低温調理した羊のスライス。


メインは、シンプルに焼き(^^)

羊の香りがよくわかります。
竹を食べたほうが、濃厚な風味でした。

締めは、雑炊。
羊のスープに、カツオだしを合わせた上品な味わい。



和食と羊。
高木さんの腕の良さもあるんだろうけれど
違和感なく、というより、鶏肉よりコクかあって
いい感じ。

ジンギスカンや香草焼きとは違う
新たな羊料理が生まれるといいな。

まだまだ始まったばかりなので
頭数も少なすぎるし、育て方も試行錯誤中。
でも、これからのお楽しみですね。

« ごちそうさま〜ず。第3回目は西洋野菜でイタリアン | トップページ | 立春に »

白山麓の「おいしい」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531452/62848677

この記事へのトラックバック一覧です: 石川県と羊料理その1〜和食編:

« ごちそうさま〜ず。第3回目は西洋野菜でイタリアン | トップページ | 立春に »

最近のトラックバック