フォト
2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
無料ブログはココログ

東京の「おいしい」

2012年8月 8日 (水)

加賀野菜が一日限りの涼やかなフレンチに大変身!ウエスティン東京ビクターズ

地元ではすっかりおなじみだけど、
東京では意外にまだ知られていないようです、加賀野菜。

ウエスティン東京のフレンチレストラン「ビクターズ」で開催された
「野菜ソムリエが見つけた夏の加賀野菜を、極上のフレンチで楽しむ」に参加しました。
出席した方のほとんど…私と主催者のシニア野菜ソムリエの佐藤雅美さん以外は
誰も加賀野菜を食べたことがありませんでした。
ビクターズのシェフ、古屋さんも、今回初めての食材だったそうです。

そんな「初めて」の出会いから、どんなお料理が生まれてくるんでしょう?

前菜は「ビクターズ“ニース”風サラダ 加賀野菜バージョン」
脂ののったイワシの上に、鮮やかな野菜がたっぷり。
加賀太きゅうりも生で登場しています。

Photo

続いて
「加賀太きゅうりの冷製ポタージュ 完熟トマトのジュレと南瓜のパスタ バジルの香り」
緑の色がとっても涼しげ。
きゅうりだけだと白っぽくなるので、色づけにサラダ菜を使っています。
お皿のまわりのナチュラル系のデコレが、古屋シェフらしいですね。
トマトと南瓜…夏野菜のひんやりした食感が爽やか~)^o^(

Photo_2

お魚料理はリゾット。
「天使の海老と帆立貝、ムール貝のサフランリゾット 
甲殻類のエキスとフレッシュハーブのソース」
つる豆が、甘味と食感で存在感をアピールしていました。

Photo_3

メインは、ラム。
「タスマニア産ラムチョップのバーベキュー風 ズッキーニと茄子のタルト添え」
へた紫なすと石川産のズッキーニ、トマトがタルト風に添えられていました。
スパイシーなラム肉との甘さを引き出した野菜。
彩りも、まるで絵のようにきれいです。

Photo_5

デザートは、この通り。
深い海のようなブルーのガラスに
石川産のメロンボールに、赤皮かぼちゃのタルト…。
別腹にもほどがある!と思いながら完食しました。

Photo_10

地元のシェフとは一味違う、加賀野菜のアプローチ。
がっぷりよつ、な感じではなかったけれど
古屋シェフのアーバンなアレンジは、とっても新鮮でした。

東京の食いしん坊さんにも、加賀野菜のこと
もっと知ってもらいましょう!

ごちそうさまでしたhappy01

■ビクターズ
ウエスティンホテル東京22階

 


2012年2月 4日 (土)

あえて誤解を恐れず言えば“ようできた企画もの”。丸の内タニタ食堂

そろそろ、ほとぼりも冷めたころかと思っていた私が甘かった!
まだまだ大混雑中の、丸の内タニタ食堂

12時前に店頭で13時30分の整理券をもらい
13時30分に再度出向いて、並んで、やっと食券が買えました。
しかも、目の前で日替わり定食が売り切れて必然的に週替わり定食、と。

しかし!こんなに混雑しているのに、何の混乱もありません。
オペレーションが素晴らしい。これが金沢なら、エライことになってますね、きっと。

週替わり定食のメインは、鮭の豆乳クリーム煮。
サブ2品とごはん、みそ汁がついて900円也。
社員食堂にしてはちょっと高いけど、タニタ社員じゃないし丸の内だし、しょうがないね。

R0012695


器のカジュアルさ、キューキューした店内、社食気分も盛り上がります。

メインのカロリーは400kcalということなので、600kcalぐらいかな?

料理じょうすなお母さんが作ったごはん、な感じ。
しかたないかもしれませんが、ほうれん草のおひたしは味が拡散しているし
大根のサラダは乾燥ぎみでした。

正直言って、丸の内でも900円出せば、もうちょいおいしいものが食べられると…

しかし!タニタブランドのアイデンティティーは、そんなことではありませんね、きっと。

まずはお茶碗。中に二重の線が入ってます。
下の線は100グラムで約160kcal。この分量がエネルギー表示の標準なんですと。
ちなみに上の線は150グラムで240kcal。
ごはんはお客さんが自分で好きな量をよそうので、
ここでいきなりカロリーを意識する、というしかけです。
しかも、このお茶碗、売ってます。さすがっす。

R0012696

席につくと、こんなものが…。

R0012698

クッキングスケールに、自分のごはん茶碗を乗せると、グラム数が表示されます。
タイマーは食事時間を計るため。早食いはデブの元ですから、ね。

入口近くには、カウンセリングコーナーもあり
ここも長蛇の列でした。

にゃるほど。
ここで売っているのは、おいしいおひるごはんではなく
健康を意識する「ランチタイム」なんですね。

人は「おいしい」だけに集まるんじゃない。なんだかちょっと切ないけれど
それも今の時代なのかも、ね。

そういえば…タニタでお昼を食べたあとは憧れのパティスリーに行かず
お茶だけにしました(>_<)

まんまとタニタさんの術中にはまったようです。

東京っておそろしいわhappy02

丸の内タニタ食堂
℡03-6273-4630
東京都千代田区丸の内3-1-1
丸の内国際ビルヂングB1
11:00~15:00 土日祝休み

2011年6月12日 (日)

神楽坂アグネスホテルのテラスでケーキ

神楽坂アグネスホテルのテラスでケーキ神楽坂アグネスホテルのテラスでケーキ神楽坂アグネスホテルのテラスでケーキ
年に一度、神楽坂にきます。

来るたびに、いつかは泊まってみたいと思っている

「アグネスホテルアンドアパートメンツ東京」。
思い続けて数年になるので、今年はちょっと前進してみました。

ホテルのパティスリーがおいしいと聞いたので、泊まるのは無理だけど、

ケーキをいただくことにしたんです。

緑に囲まれたアグネスホテルの敷地に、小さな建物。
名前は、Le Coin Vert。

ショーケースには鮮やかだけど、どこかシックな彩りのケーキたち。
ガラス張りの工房もバッチリ見えます。
ケーキに悩んだときは、やっぱり苺のショートケーキにしましょheart01

テラスで食べたいと告げ、紅茶もお願いしました。
シュッと口の中でとけるクリームにふわふわスポンジ。
苺の酸味もほどよくてhappy01それはもう、ものすごーく正しい、苺ショートでした。
シンプルなものこそ、技量を問われるから、ね。
「ケーキっておいしいな」と、素直に幸せな気持ちになれる味でした。
最近複雑なものがいろいろ取り沙汰されるけど
大事やな、こういうの。

余談ですが、このパティスリー、江口洋介さんと蒼井優さんの映画「洋菓子店コアンドル」の舞台になっていたらしいです。

最近のトラックバック