フォト
2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
無料ブログはココログ

大阪の「おいしい」

2012年4月 7日 (土)

バール花盛りの大阪本町。ヨッテリアコゴミでワインが進む

今、大阪はバール!なんだそうで。
ならばと連れて来てもらいました。ヨッテリアコゴミ。
なんでも、繁盛しすぎて出した「ヨッテリアガク」の2号店なんですと。

本町あたりで働くお姉さんたちの話題のお店らしい。
あたりはオフィス街。暗くなった町に、ぽつぽつと暖かい色の明かり。
こぢんまりしたお店がいろいろあるんですね。
ヨッテリアコゴミは、そんな一角にありました。
小さなキッチンをぐるりと囲む、タイルのカウンターとテーブル席。
もちろん、カウンターに直行です。
イタリアビールのモレッティと前菜盛り合わせ、水なすと緑野菜のマリネ(右)…。
イカン、イカン、こりゃワインやわhappy02

バール花盛りの大阪本町。ヨッテリアコゴミでワインが進むバール花盛りの大阪本町。ヨッテリアコゴミでワインが進む

アリアニコというブドウの赤ワインを頼みました。1本3000円ナリ。
タンニンほどよいちょい重め。
豚串(左)は1本にいろんな部位が、フォアグラパテは、生クリーム風味。
ポーション少なめでいろいろ食べられちゃう。ワインが進む味です。
ちょいとワインとおいしいもの、な楽しみ方ができるバール。
コスパもいい感じで、振り向くと満席!しかもほぼ女子。
本町あたりでバール花盛りってのも納得ですね。

■ヨッテリアコゴミ
℡06-6233-7070
大阪市中央区淡路町3-4-12
11:00~15:00、18:00~25:00(日~22:00)
土・祝日不定休

2012年1月 2日 (月)

ソウルフード、数々あれど。ニューミュンヘンのから揚げ

子どものころ、両親と三宮や元町に買い物に行くと
帰りに連れていってもらったのが、ニューミュンヘン。
本格的なドイツスタイルのビールが飲めるお店なのですが
子供のころは、おいしい食べ物があって、父がご機嫌になるお店。という認識でした。

時は流れ、私も大人になり
「ここのから揚げ、ビールに合う合う!」ということに気づきました。
もちろん、そんなことを考えるのは私だけに限ったことではなく
関西在住…とくにキタや三宮あたりがテリトリーの人の多くが
「ニューミュンヘンのから揚げ」は、ビールのお友として認知されていると思います。

で、そのから揚げ。
常々私が「日本一のデパ地下」と称している阪神百貨店の地下で売っています。
素通りできません。買って帰りました。

R0012615


鶏が徳島。骨付きは阿波尾鶏で、骨なしは阪神限定らしいです。
「揚げたてなので、袋は開けておきますね」とお店のおねえさん。
帰りの電車に、良いにおいを漂わせながら家路へ急ぎます。

カリッとした衣、ジューシーなお肉を想像するだけで
「ビールビール♪」っと心がはやってしまうんですね、これが。

パブロフの犬、ならぬ
ニューミュンヘンのなんたらでした。

2011年8月21日 (日)

ラーメンは中華そば派。で、西長堀の「カドヤ食堂」へ

昨年某社のラーメン本を編集したにもかかわらず

実は、世にいうラーメン通には程遠く

(大きな声では言えませんが)それほど思い入れがないのです。

ま、だからこそ冷静に編集できた…ということにしていますがbleah

福岡に行けば、やっぱりトンコツっておいしいなぁと思うものの

金沢でトンコツを食べると、店によっては体調悪くなることもあり。

最近は、もっぱらキレイ系スープの中華そばがお気に入りです。

ならば、行かねばなりますまい。大阪の中華そばを代表するあの店に。

20110821_002

見よ!この堂々としたシンプルぶり。西長堀にある「カドヤ食堂」です。

店の奥には製麺工房。ご主人が製麺しているのを横目で見ながらカウンターへ。

まわりはハヤリのつけ麺を頼んでいる人が多いようですが

ここは王道の「中華そば」をセレクト。そして新商品の「叉焼メシ」も頼んでみました。

R0012362

20110821_001

表は赤、内側は白。手になじむ形の有田焼の丼に入った中華そばは750円。

スープは魚介の風味が強め。インパクトよりもバランス重視ですね、きっと。

コシがある麺との相性もばっちり。

あとはチャーシューとメンマとネギと海苔。中華そばはこうでなくっちゃ!

スープまで飲み干しそうな勢いの味でした。

醤油と蜂蜜の風味が香ばしい叉焼メシは、かなりのボリューム。380円。

妙齢の女子ひとりで、ラーメンとのの完食は無理ですからね、念のため。

ラーメンもごはんもおいしいけれど、驚いたのはここのお水。

温度といい、味といい、なかなかのもの。

製麺にもスープにもこのお水を使っているらしい。

なるほどねぇ。

料理の基本は「水」。まるで和食の料理人みたいです。

だから、この繊細な味が出せるんでしょうね。

ラーメン、奥深し。

思い入れがないなんて、まだまだ修行が足りませぬ。反省bearing

■カドヤ食堂
℡06-6535-3633
大阪市西区新町4-16-13
11:00~15:00、18:00~22:00 火曜休

2011年6月 6日 (月)

西天満の…えっと、何屋さんって言えばいいのかな?

大阪の西天満にある「飛鳥」の20周年記念に行ってきましたレストラン
甲子園にオープンしたのが20年前。
その後、ご主人は店を弟子に任せて、西天満に出店。
以前このブログにのせた「飛鳥甲子園」は、弟子に任せたお店です。
その甲子園でのオープン当初から、私たちは朝までクダ巻いたり、
おいしい日本酒を教えてもらったり…と、
本当にお世話になったものです…って、歳、ばればれやがなウッシッシ
ま、私たちもご主人も今の10倍ぐらい若くて元気だったし、ね。
焼鳥屋さんでスタートし、次第にバーみたいにお酒やつまみが充実し、
そして20年の月日を経て
「飛鳥テイスト」としかいいようのないジャンルを確立した感じ。
焼鳥はビシッとうまいけど、和食でもイタリアンでもフレンチでも
エスニックでもない料理がラインナップしています。
この日も「ま、とりあえずコレで飲んどいて~」と出てきた前菜は
熟成ねっとり感のあるチョリソーやら鴨のスモークやら
お酒がススム仕上がりのピクルスやら豆のムースやら…。
アカンがまん顔スパーリングがみるみるうちに空になるっ!な一皿。
↓コレ、コレ
2011_037

次も…また前菜テイスト目がハート
飲むしかないでしょう、これじゃ↓
2011_038
んもぅ、酔わせてどうするつもり?
そんな無謀なツッコミもサラリとかわすご主人だけが、
20年前と変わらない容貌で。
こりゃ、若いエキス吸っとんな、きっとあっかんべー
ま、料理人は色気がないといけませんからね目がハート
とかなんとか、わけのわからないこと言いながら、
ビールやワインや日本酒でうひょうひょになって
大阪駅まで歩いて帰りました走る人
ごちそうさまでした!30周年もヨロシクねっ指でOK

2011年4月 9日 (土)

すり身七変化!天満の蒲鉾店

すり身七変化!天満の蒲鉾店すり身七変化!天満の蒲鉾店すり身七変化!天満の蒲鉾店

大阪駅から環状線でひと駅。天満を降りるとザッツアジアな雰囲気が漂います。
ホルモンに立ち呑み、バーにイタリアン…食いしん坊心を刺激する小さなお店が雑多に並ぶ商店街。
八尾蒲鉾店は、そんな商店街の一角にあります。
蒲鉾店と名乗りながら、実は飲食店。
目の前で揚げるてくれる多種多様なすり身揚げを肴に、

冷たいビールをくいっbeer

日本酒をちびりbottle

充実したラインナップの芋焼酎をロッでカランshine

注文を受けると、白いすり身に具を入れて、かるーく握って揚げ油に。
熱々のあげたてspa

具のバリエは、チーズに卵に椎茸にトマト、お好み焼き風アレンジもあり…。
それ、どんな味?と思ってついつい注文してしまうのでした。
カウンターと相席必至のテーブルは満席

大阪の人って、安うて旨いもん、よう知ってはるわhappy01

また近いうちに、天満行脚しちゃおpig

最近のトラックバック