フォト
2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
無料ブログはココログ

いろんな地方の「おいしい」

2012年5月26日 (土)

クウネル系女子憧れの「くるみの木」に、オッサン心の女子も大満足!

数少ない“おしゃれポンなお友達”が「行こう!」と誘ってくれたので
行ってきましたhappy01奈良の郊外にある、「くるみの木 秋篠の森」。
金沢から車で約4時間。
小さななギャラリーやプチホテルのある一角に
食の円居なず菜」があります。

R0012903

ナチュラルなべっぴんさんのホールスタッフに迎えられて席に。
彼女は飲み物のメニューを差し出しながら
「このほか、冷たいお水と“ほのかに温かい”お茶をご用意しています」と笑顔で。
なかなか出ないよ、「ほのかに温かいお茶」なんて表現happy02

最初に運ばれてきたのは
新じゃが芋の冷製スープ空豆の葛団子添え
空豆は食感を残し、つるりとした葛で寄せて団子に。
じゃが芋の風味もやさしい感じ。黒こしょうが引き締め役です。

R0012891_14

続いて
大和丸茄子と揚げ鱧の生姜あんかけ
4人でお邪魔したのですが、4人とも違う器に盛られて出てきました。
私のはこんな素朴なイメージでしたが、黒い器もキリッとしてていい感じ。
これでひとしきり、また盛り上がっちゃうわけですね。

R0012892

海老とはす芋の土佐酢ジュレ
昨年大流行したジュレですが、ガツッと酢が効いていて
味は見かけによらずオトコマエshine

R0012893


アスパラと不断草の葛うどんは
意表をつく、ペペロンチーノ風でした。ちなみに、これも器はそれぞれ。

R0012894


揚げ梅の茶碗蒸し
しょうがあんのかかった、ふるふる茶碗蒸し。
トッピングの揚げた梅干しが、表面だけカリッとしててなんともいい食感。


R0012895

メインは大和牛のロースト自家製胡麻ポン酢添え
二十日大根はなんと!葉っぱごと揚げてあります。
クレソンの力強い香りにびっくりwobbly

R0012896

続いて「お口直しに」と運ばれてきたのが
奈良苺の自家製シャーベット。
写真じゃよくわからないけれど、手のひらにすっぽり隠れてしまうようなサイズ。
器もスプーンもちっちゃくて超かわいくてheart01ひとしきりキャーキャーhappy02
そういえば「女子は手のひらサイズに反応する」と某編集部の方が言ってました。
何を隠そう、心オッサンの私でも、ときめいちゃいましたもの。
いちごをそのまんま食べているような濃い味です。

R0012897_4

そして、ごはんと味噌汁、漬物に、自家製のちりめん山椒。

R0012898


一瞬「うわ、ごはん少なっ!」と思ったけれど、かなりお腹いっぱい状態です。

でも、やっぱり甘いものは別腹。
自家製抹茶あんみつ白玉団子添え

R0012899


きちんと苦味のある「おう、抹茶だ!」な味。
寒天も白玉も手抜きなし、な歯ごたえです。

あーおいしかった!と、オッサン風にちょいとお腹をさすりながら
見回すと、お客さんはすべて女性。
しかも、私たちが一番若いんじゃないかという年齢層。
マダムたち、ええもん食べてるなsmile

こっち系の料理って、薄味に走りすぎたりすることが多いんだけど
ここのは、きちんとメリハリきいてました。
計算されてる感じ。

そのうえ器も盛り付けもかわいらしい。
女性が喜ぶはずですね。

オッサン女の私でさえ、乙女な気持ちになれました。
1時間後には、戻ってたけど、ねbleah

ごちそうさまでしたdelicious
誘ってくれた、おしゃれポン友達に、感謝fuji

■秋篠の森 食の円居 なず菜
℡0742-528560
奈良市中山町1534
11:00~14:30、19:00~21:00
火曜・第3水曜休

2012年4月17日 (火)

あのイケメンシェフが宮崎の食材とがっぷり四つ。タツヤカワゴエ・ミヤザキ

代官山のイタリアンのオーナシェフ…というよりも、
テレビや雑誌でおなじみの…と言ったほうがわかりやすいかも。
川越達也シェフのお店が、宮崎のシェラトン・グランテ・オーシャンリゾートにあります。
タツヤカワゴエ・ミヤザキ
シェフは宮崎県の出身なんですって。なるほどね。

一直線に続く海岸線を見下ろす、リゾートホテルの42階。
テンション、上がりますねhappy02
宮崎の食材を使った川越シェフのイタリアン…どんなおいしいものが出てくるんでしょうか?

最初に運ばれてきたのは、なんと「宮崎名物の大森淡水鰻のリゾット」。
けっこうしっかした味付けで、食欲を刺激します。

R0012805_480x640_225x300_3

続いて「蛍烏賊の季節山菜のカクテル 戸隠風味のジュレと共に」。
蛍烏賊は北陸、とくに富山のものというイメージだったのですが、日向灘のものですって。
戸隠というのは、宮崎釜揚げうどんの有名店。ここの出汁醤油をジュレに。

R0012806_480x640_3

ちょっと和風な香りのあとは、「オマール海老のポアレ宮崎甘藷のピューレ添え」。
辛味のきいたアメリケーヌソースと甘い宮崎さつまいもの2種類のソース。
上にのっているのも、さつまいも。甘辛のバランスが楽しい一皿です。

R0012807_480x640_225x300_2

パスタは、「雲丹とトマトクリーム」。
とろりとした雲丹の舌触りとトマトの酸味。でも食感はあくまでもクリーミー。
甘いんです。南国宮崎っぽいな、と。

R0012808_480x640_2

そして鶏肉。「宮崎県桜姫鶏の三種食べ比べ」。
あの県知事のトップ営業以来、一躍有名になった「宮崎地鶏」です。
赤いゆずこしょう、バジルなど3種類のソース、中央はクスクスでした。

R0012809_480x640_225x300

お魚は「カルタ・ファタで包んだ旬魚のアクアパッツア風」。
カルタ・ファタという耐熱セロファンで包んで、うまみを閉じ込めたんですって。
リボンをほどくと、ふわりと香りが立ち上ります。

R0012810_480x640_3

そしてメインは「国産牛ロース肉のタリアータ」。
最後はオーソドックスなところに落とし込んできました。
ポルチーニ茸の香り豊かなソースです。

R0012812_480x640_225x300_2

デザートは2種類。
左はアヴァンデセールのパンナコッタ。
左はバジルのソルベにチョコレートブラウニー。
このあたりが、乙女心やマダムの❤をわしづかみにするんでしょうね。

R0012813_480x640_225x300_4R0012817

川越シェフが料理してるわけではないし
びっくりするような味というわけではないけれど
盛り付けや組み合わせに「華」があるのは、川越プロデュースのなせる業。
豊かな宮崎の食材を、ちょいとおしゃれに食べられるなら楽しいかも。
ロケーションはバッチリだし、「ここ一番!」のレストランですね、きっと。

■タツヤカワゴエ・ミヤザキ
℡0985-21-1148
シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート 42階
11:30~14:30、 18:00~21:45

最近のトラックバック